過去の展示会  2007年  2008年  2009年    2010年
---------------過去の作品展   2009年 --------------------
Index
Gallery

    ●12月17日(木)〜12月30日(火)  
   『 燃える彫刻展 』ピュアな作家20人のキャンドル彫刻展
      

    ●11月26日(木)〜12月15日(火)  
    『 栗原淳子イラスト展 & 「新潟弁かるた」原画展』
      
  ●11月5日(木)〜11月24日(火)
   『 宇田川民生 作品展 』
       宇田川民生


    ●11月19日(木)〜11月24日(火)   
   『 鶴巻あや俳句と版画展 』下田村に住む、現在93歳の鶴巻あやさんの詩力
          

  ●10月22日(木)〜11月3日(火)

    遠藤貴也写真展ヒステリア・シベリアカ   

       遠藤貴也(エンドウタカヤ)

 
アジア系民族の文化とロシア文化が混じり合い自然崇拝が色濃く残る
この地を旅し写した作品約25点。
スピリチュアルな魅力に満ちた、新たなるシベリアの世界。

1966年東京都生まれ。
青山学院大学経営学部卒業後、渡米。
1994年よりフリー
2001年に、渋谷「美蕾樹」にて写真展『confusion』を開催
2001年10月、「TOUCH
ME」の奄美大島ライブに同行
2001年遠藤ミチロウ写真集「我自由丸」(CD付)
2009年3月『ヒステリア・シベリアカ』UP FIELD GALLERY

ヒステリア シベリアカ とは
        シベリアで毎日毎日同じ作業をしてきた農夫が、ある日、はるかな西の地平線に沈んでゆく太陽を憑かれたように見て、突然、持っていた
      鋤を捨て、自分の家族や自身の関わってるもの全て投げ捨ててしまい、放心したように沈みゆく夕日に向かって歩き出し、何日も何日も
飲まず食わずで歩き続けて、やがては行き倒れてしまうという不思議な発作(風土病)があるといわれている。
  ●10月15日(木)〜10月20日(火)      『 大人の文化祭 』 
       17日(土)・18日(日) 
手作り十割蕎麦とうまい酒と

2階和室・お茶会
       
    『波鏡なみかがみ 真山智恵子絵画展              
       『波鏡なみかがみ 真山智恵子絵画展

0.5mmの水生ペンによるペン画作品。クレパスによる平面・立体作品。
染色によるタペストリーなど80点。
        『波鏡 真山智恵子絵画展 開催記念 ライブ 10月10日(土) 開演 pm 2:00    
  ●9月17日(木)〜9月29日(火)
   『 めぐる・つたふ・ひらく 』
   若手作家による青森・新潟女流作家展 『 アオガタにい森 』  
    

関典子(せき・のりこ)/弘前/版画
鶴見弥生(つるみ・やよい)/弘前/陶芸
高橋由佳(たかはし・ゆか)/弘前/陶芸
乗田菜々美(のりた・ななみ)/青森/インスタレーション
坂本羊子(さかもと・ようこ)/青森/陶芸
坂上アキ子(さかがみ・あきこ)/新潟/鉛筆画
小林千鶴子(こばやし・ちずこ)/新潟/版画
長久保怜美(ながくぼ・さとみ)/愛知/平面
茅原登喜子(ちはら・ときこ)/新潟/インスタレーション

  ●9月3日(木)〜9月15日(火)
   『 浜陶人・二人羽織展 』(吉岡謙治・村木至園による やきもの二人展
       
  ●8月6日(木)〜8月25日(火)
     『 〜Re:ボン展〜 』(- potential of industrial waste −)
     新潟大学・人文学部・超域文化論の学生5名による紙(産業廃棄物)再生テキスタイルアート展
        ●今井さくら  (4年生) 『はがゆさ』 
 ●高橋朋子  (4年生) 『それでいい』・『ながれ』
 ●今井あかね(3年生) 『いのち』
 ●長谷川優衣(3年生) 『かたち』
 ●本間 唯  (3年生) 『和彩』

(兜カ久堂さんのご協力により産業廃棄物となる切り落としの
紙を素材にして作品を作成しました)   

  ●
7月16日(木)〜8月4日(火)
 
      谷川晃一展 『2009新作版画と絵本展』
       略歴
1938年 東京生まれ
1963年 読売アンデパンダン展出品
1979年 評論集「アールポップの時代」刊行
1981年「Tokyo Today」展企画(ロンドンICA)
1982年 マイアミ版画ビエンナーレで優秀賞受賞
1983年「1960年代展」(東京都美術館)
1990年 回顧展(池田2世紀美術館)
1992年 ニューメキシコ州サンタフェで作品発表
1993年 「伊豆高原アートフェスティバル」企画
1994年 回顧的デッサン展(伊丹市美術館)
2000年 日本絵本賞受賞
2000年 NHK教育TVで『谷川晃一の自由デッサン塾』放映
2005年 田島征三氏、宮迫千鶴氏と三人展(練馬区立美術館)


新潟日報アートピックス
       


  ●
7月9日(木)〜7月14日(火)
    『遊美展』(あそびてん) 特設N美術部 アートパフォーマンス
(新潟の若手作家によるアート &パフォーマンス)
私たち特設N美術部は、ダンシングベイベー★と同時開催で、作品展示「遊美展」をすることになりました。
あそびてん、と読みます。
(楠知子、小林千裕、小林留奈、朱文美、長谷川恭子、山下小織)



  ●
7月10日(金)・11日(土)・12日(日)
 
        ダンシング トリップ ベイベー
(一般1200円、高校生以下1,000円)
(新潟の若手6チームによるダンスandパフォーマンス)

Funky!  渋谷陽菜 nama(YUPPE×NOPPU) 中央ヤマモダン
劇団かにづくし(仮)   小林留奈×長谷川恭子×山下小織
      クリック        
  ●6月18日(木)〜6月30日(火)
      『皆川徳志個展』
  銅版画とタブローと素描(ドローイング)

  http://www.kameda310.com/kurahi/EMU-st/EMU-st.htm

  新潟版画界の第一人者、エムスタジオ主人の個展
  ●5月21日(木)〜6月16日(火)
  ■窪田直弘・うるし展   『漆器のささやき』

作品を持って蔵織にこられた
栃木県足利市の窪田夫妻。

有名な足利学校のならびで、ご自身の
漆工房と漆工房の店『くぼた』を主宰し
ています。
   
過去の展示会2007年  2008年  2009年
  
4月29日(木)〜5月19日(火)

        『15−絵』展 (新潟若手アーチスト15人の作品展)    *蔵織 全館 *
吉開正秋、水上祐子、広瀬義貴、真柄あゆみ、山吉理恵、小柳真弓、竹田一紀、丸山未来、 竹内藍子、真幸、川瀬夕紀子、真柄あゆみ、長井 茜、力石哲郎、近藤愛美、トヨヲカ37

  ●4月23日(木)〜28日(火)
    『岡村いみ・創作人形展』(老いてナオ元気!)
  古布を生かしての針仕事

おじいちゃんおばあちゃん人形を主体に老夫婦の仲良く過ごす微笑ましい日常の姿の数々・・・・
  ●4月2日(木)〜21日(火)
      

福田俊司・野生動物写真展( 野生動物写真家)
            
2009年 3月19日(木)〜3月31日(火) 
    
       ヒッコリー スリー トラベラーズ展  *蔵織 全館 *
        
      
2009年 3月5日(木)〜3月17日(火)

    HIRo 彩霞展 (Hiro SAIKA)  後援 ベルギー王国大使館  
 
        1949年 日本・東京に生まれる  
 1992年〜2000年 ベルギー王立美術学校夜間部にてマリアンドッグ教授に師事
 1994年〜1995年 ウィンブルドン美術学校  
 2004, 2005年 ウックル美術学校夜間部にてデリックヴォンク教授に師事
 ベルギー、フランス、イギリス、そして日本で個展を開催
  ●2009年 2月20日(金)〜3月2日(月)
    信田俊郎展  *楓画廊同時開催
  
  ●2月5日(木)〜2月17日(火)

 
 蔵織・冬の版画展
    
    高橋義治・小林裕児・柄澤斎・鈴木力・沢野ひとし・尾崎ゆたか
    ・宮迫千鶴・谷川晃一・菊池玲司・林静一・他
 
      『雪の精』鈴木
  ●2009年 1月8日(木)〜2月3日(火)

 
 山本裕子 銅版画展  DM表 DM裏
    幼少時代には、インド、アメリカに住み。青年期、ニューヨークで版画を学ぶ。
    子育て終了後、長い沈黙を破って日本的なる作品を精力的に創り始める。


      

     
Index
Index