過去の展示会2007年  2008年  2009年    2010年
---------------過去の作品展   2011年 --------------------
Index
Gallery

11月17日(木)〜12月20日(火)    
『 近藤幸夫 日本画展 』
近藤幸男
1953年 新潟市に生まれる
1977年 多摩美術大学 絵画科 日本画専攻卒業 (山岳部)
1978年 南西アジア・インド 研究取材
1979年 多摩美術大学大学院 修了(大学時代から加山又造先生に師事)
1980年 渡米、ニューヨーク大学留学
1983年 帰国、身延山久遠寺天井画『墨龍』加山又造画伯の制作助手参加
1988年 個展 東京銀座洋協アートホール、新潟大和ギャラリー
1989年 北海道極寒写生取材開始
1990年 小野寺茂・近藤幸男二人展 東京セントラル絵画館
2001年 個展 新潟大和ギャラリー 野生動物シリーズ発表
1995年 個展 東京セントラル絵画館
2001年 個展 国立コートギャラリー 『野生の行方』『うつせみ』リトグラフ発表
2009年 エコ・スマイルアート展 春秋出品 東京芸術劇場ギャラリー
2010年 画集・日本の現代作家100人
       W『瞳の奥深く』『自然の響き』芸術出版
2011年 個展 ギャラリー蔵織
2012年 秋 ロシア、サンクトペテルブルグ・スモーリヌイ修道院にて
      動物写真家・福田俊司氏と2人展 決定




11月5日(土)〜6日(日)  マシーネン クリガー 新潟展示会  
Ma.K.新潟展示会HP

マシーネンクリーガー(Maschinen Krieger)または横山宏とは・・・・

マシーネンクリーガー(Maschinen Krieger)新潟展示会(フライヤー)



10月27日(木)〜11月1日(火) 
松田イメルダ 手編みアルパカ展


10月21日(金) PM.7:30 
   22日(土) PM.3:00〜 ・PM.7:00〜
   23日(日) PM.1:00〜 ・PM.5:00〜
   Solo×Solo×Solo
 〜三人のダンサーの三つのカラダ
  ●Lata  ●渋谷陽菜  ●金子未来
 ハーフタイム:お茶とお菓子付き
 \2000(前売り)/\2500(当日)
 info  solosolosolo829@yahoo.co.jp

   昨年のSolo×Solo×Solo
           昨年のハーフタイム




10月13日(木)〜18日(火)  
小飯塚眞理子と織姫たち展
 



9月29日(木)〜10月11日(火)
  水上祐子小品展』 さ よ な ら み ど り ち ゃ ん っ!
  蔵織スタッフ・水上祐子の作品展です。
不思議な、ユウコワールドをお楽しみください。
  今回はすごい サプライズがあります
写真の右端に見えるものは何でしょうか?
 
水上祐子ワールドの一部・・・
 『ぼくらのパレード』




9月8日(木)〜9月27日(火)
   没後3年・宮迫千鶴絵画展   
     −自由絵の楽しさ−
広島県呉市生まれ(1947年)県立広島女子大学卒業の宮迫千鶴は、絵画をはじめ評論、エッセイなど多彩な分野で活躍し、一時、「団塊世代」の女性たちのオピニオンリーダーとして知られ、1988年に画家・谷川晃一と伊豆高原(静岡県)へ移住、豊かな自然環境のもとで精力的に文筆・絵画創作活動をやっていたが、2008年6月19日、リンパ腫のため死去した。
地元の交流の中から『伊豆高原アートフェスティバル』を谷川晃一と提唱し、現在19年目と引き継がれている。
両親の離婚で、父親に育てられ、カトリック系の学校をでている。自身の内面を綴ったエッセイ集『超少女へ』(1984年)で注目され、上野千鶴子との対談本などや、多くの女性論などのエッセイを刊行した。父の死を経験したのち、心身ともに体調を崩した。その後、スピリチュアルへの関心が一挙に高まり『魂を大切にする生活』に深く身を置くようになったが、50代後半の死は惜しまれる。

1972年東京から戻った私は『谷川晃一展』を新潟大和アートサロンで開催した、そのときが宮迫千鶴との最初の出会いだった。まだお互いが20代のときである。
南庭工房 (谷川晃一と宮迫千鶴のHP)



9月24日(土)〜25日(日)  会場は『蔵織 2階和室』です
おかだいつき * ふじいさとみ ふたり展
  『 夏 休 み の 宿 題 展
 



7月28日(木)〜8月23日(火)
FFF新潟大学人文学部  平成23年度超域文化論(ファイバーワーク)グループ作品展
新潟大学人文学部超域文化論の学生17人によるファイバーワークの作品発表展。
繊維による織物や紙など様々な素材を使ったクラフト作品を展示
   
参加メンバー
阿部佐和子/加藤美沙希/木村梨沙/近藤恵/渋谷晴海/須藤千晴
花山紘子/森内麻由/山際梨沙/横山久美/金田千帆子/本間陽大
小杉美樹/半田愛/山岡可歩/橋本彩乃/横田珠佳



7月14日(木)〜19日(火)
「和雑貨 翠 表紙絵と手の仕事」展
 伊藤登士子作品(日本画)と
和雑貨 翠」の蒔絵・木工・染色などの作品



6月30日(木)〜7月12日(火)
原婦美子作品展 −絵本原画と小作品−
新潟日報アートピックス(2001・6・30朝刊)



6月23日(木)〜6月28日(火)
『  ポ ケ ッ ト  ノ ナ カ  ニ 』 −絵画・写真・工芸・テキスタイル−
長岡造形大学のみなさんとそのお友達の作品展です。

・相川恵子 ・岩橋竜治 ・植木裕之 ・海津千並 ・小林真弓 ・小林留奈 ・鈴木良拓 ・長谷美咲
・長谷川恭子 ・福嶋啓恭 ・保坂剛志 ・星奈緒 ・micico       (連絡・小林留奈)
 ↑ 星 奈緒さんが今年の新潟県展・洋画部門で最高賞の「県展賞」を受賞しました。学生特派員日記星 奈緒さん




6月2日(木)〜6月19日(日)
新潟時計物語展〜新潟の街に生きた古時計のむかし語り〜
『新潟古時計物語展』新潟日報アートピックス

@ 『文明開化の時を告げた大時計たち
第一会場 県政記念館 6月2日(木)〜19日(日)
  -
「文明開化の時を告げた大時計たち」…………県会議事堂で活躍した大時計とその仲間たち
新潟市中央区一番堀通町3番地3 AM 9:00〜PM 4:30 定休:月曜、祝日 TEL:025-228-3607

A 『明治・大正・昭和の時計と新潟にまつわる12の物語
第二会場 ギャラリー蔵織 6月2日(木)〜19日(日)
  -
「明治・大正・昭和戦前・戦後、時計と新潟にまつわる12の物語」…ぼんぼん時計や置時計など
「古美術升、カモイ時計店(新潟市)所蔵古時計など」…………代々伝わる柱時計など
新潟市中央区西堀前通1-700 AM11:00〜PM 6:30 定休:水曜 TEL/FAX:025-211-8080

A 『江戸の時を探る
第三会場  燕喜館 6月7日(火)〜12日(日)※上記二会場と展示期間が異なります  
 -  新潟市中央区一番堀通町1番地2 白山公園内 AM 9:00〜PM 5:00 定休:第1・3月曜 TEL:  025-224-6081

C町に生きる時計たち 『上古町の現役古時計

第四会場 上古町に生きる時計たち  
  - 潟古時計物語展上古町店舗で今も元気に活躍する街の古時計を公開します。新潟古時計めぐり 
[協力店舗] マップでご確認ください。
  Dr.可児 
  ※お食事が必要となります (中央区一番堀通685-4)
  …………………ホールクロック(ドイツ製)/明治期

横山古美術店
 ※店舗ウィンドウに展示 (中央区古町通2-540) 
 …………………代々伝わる和時計/江戸後期
              

 ハタノ時計店
  ※店内に展示  (中央区古町通3番町655)
  …白山小学校で使われていた大時計(国産)/昭和初期
             

 百貨さかい  
 ※店内に展示 (中央区古町通3番町560-2)
 ……………………ユンハンス社(ドイツ製)置時計/大正

            
 




5月12日(木)〜5月24日(火)
『木のおもちゃ展』
先回の『春山登山』で好評だった『nelco』(ネルコ)の平井さんご夫婦の作品も飾ります。小さな作品ですがとてもゆかいです。



4月28日(木)〜5月10日(火)
 「春の風」大浜 綾子展

『春の力を胸に。上昇気流をイメージして。』
始まりの季節、絵を通して沢山の方にお会いできたらと思っています。
春をイメージした作品や、日常の中で生まれたイラストなどを展示いたします。
ぜひご来場ください。

4月30日(土) 「パーティー」18:30〜  蔵織
参加自由(ドリンク軽食付き・持ち込み大歓迎:会費1,000円)

大浜綾子HP http://www.geocities.jp/hamaziappo


4月21日(木)〜4月26日(火)
 銀の針作品展 
日本刺繍の美しさは絹糸の色・艶によるものです。
心を込めて針を刺し、帯や袱紗に仕上げました。
初めての作品展です。ぜひご覧下さい。


4月1日(金)〜4月17日(日)  恒例アートイベント「春山登山」が蔵織と他4会場で始まります
 春山登山
「新潟の春がもっと楽しくなりますように」


2011年3月24日(木)〜3月29